銀行カードローンと消費者金融との違い

早急に現金が必要となった場合に利用される方法として多いのは消費者金融ですが、最近では必要分だけ即日で銀行ATMから引き出せる銀行カードローンにも人気が集まっています。

 

どちらも「急を要する」場合に利用価値が高く、ローンであると言うことは同様であるものの、やはり違いは多くなっているものです。

 

まず、最大の違いとして、消費者金融は現金での融資が基本となるため、口座を持つ必要がなく、指定した銀行口座に一括で振り込まれるものです。

 

対して銀行カードローンは専用に口座を持ち、上限枠内であれば、何度でもATMから利用することができます。

 

審査においても消費者金融は非常に厳しく、所得証明は勿論、収入に関する証明書、担保なども必要となります。さらに、現在では法律の改正により総量規制として、年収の3分の1までしか融資を受けることが出来ません。

 

銀行カードローンの場合は100万円までであれば無担保、所得証明なども原則不要となり、身分証明、就労証明などの身分証明書類さえあれば審査を受けることができるようになっています。総量規制の対象外となるため、年収によって上限金額は変わるものの、返済能力さえ証明できれば、パートやアルバイトであっても利用することが出来る場合も多くなっています。

 

消費者金融と聞くとあまり良いイメージを持っていないという方も多くおられますが、銀行カードローンの場合は大手銀行、地方銀行、信用金庫問わず金融商品の一つとして有しており、信用できると言うイメージも持ちやすいものでしょう。

 

同じローンであっても、お金と言うデリケートな問題であることから、やはり安心して借り入れが出来るところを選ぶのが大切と言えます。

【銀行カードローンは総量規制対象外】

以前よりカードローンと言う形式でキャッシュカードを使ったローン方法は存在していましたが、審査の速度、利用開始までの速度などから消費者金融系のカードローンの方が圧倒的に強く、利用者も多いものでした。

 

しかし、近年においては銀行カードローンにおいても人気が集まっており、信頼性の高さや使いやすさの面において、決して引けを取ることはなくなってきたのです。

 

しかし、銀行カードローンの利用者が急増している最大の理由として、近年改正された貸金に関する法律によるものがあります。消費者金融においては、希望者の年収の3分の1までしか融資を受けることが出来ない「総量規制」と言うものが始まったため、消費者金融において手軽に融資を受けると言うことが難しくなったのです。

 

この総量規制は賛否両論こそあるものの、ローンにおけるリスクを考慮した結果、仕方のないことと言えるのかもしれません。

 

銀行カードローンにおいてはこの総量規制の対象外であり、ローンにおける制限が少なくなっています。当然のことながら、収入証明書類による申告から融資上限額は定められるものの、その金額も消費者金融よりも大きなものとなっており、銀行によっては融資額こそ低いものの、返済能力に問題がない場合であれば審査が通るというものもあります。

 

つまり、法律の面においても消費者金融より銀行カードローンの方が優遇されていると考えてもいいでしょう。

 

ただし、銀行カードローンにおいても審査はあるわけで、既に他社のローンを受けており、返済能力に疑問があると言った場合は審査が通らない、もしくは融資額が大きく減額されると言う可能性は十分にあります。

 

銀行カードローンに申し込む際は、やはり出来る限り返済能力を証明できる状況を用意しておくに越したことはありません。

そういや、携帯が止まりそうなときはカードローンで借りて支払うのがベストかと思います。→※携帯止まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です